ねたがない!

あはんはん

ろおくです
HN:rook
age:poyo
sex:ソープ
live:HOKAIDO
skype:rook1260
twitter:rook_ps



8/3-8/6にDispenseとドリームを掴みにマカオに行ってきました。
この情報を聞きつけ、大きな期待をしていたのですが、どこに行っても「もう止めた」と言われてしまい、泣く泣くバカラや大小(サイコロの出目を当てるゲーム」でチマチマやっていました。
マカオ3泊4日のうち、最終日は朝から飛行機のため移動で消えてしまいます。ですから、3日目の夜がラストチャンスでした。
Dispenseは行き慣れた近くのカジノに再チャレンジ。僕は一縷の望みをかけて金龍ホテルへと向かいました。
IMG_1455
カジノコーナーを探しても、見当たらず、「やっぱダメだったか....と諦めたその時!
IMG_1456
あった!!!!!!
カジノコーナーとは全く別の場所にありました。
Gフロアの上、1Fの奥の方にきらびやかな制服に包まれたスタッフが。
I’m Japanese!
I like mahjong!
I know rules of  “ポンガンパイ” 
と中学生の英語を並べると、笑顔で
「OK!!!!!」と言ってくれて安心。
「rate?」と聞かれたので「minimum?」と聞くと「300/600」と答えられて青ざめる僕。
手持ちは$3000です。
上のURLを参考にしてほしいんですが、もし自分の牌でダイミンカンを2回されて誰かにツモられて中馬を引かれると、900×2+1200=3000でなんと一局で無くなってしまいます。一局に42000円吹っ飛ぶかもしれないなんてなんと刺激的なのか。
「Okay!!!」と決意を固め、早速空いている席に座り、大勝負がはじまりました。

店の雰囲気はフリー雀荘となんら変わりません。奥にチップの両替所が別にあるくらい。
僕の時は300/600の卓が3つ、500/1000の卓が1つ立っていました(日曜日の23時ごろ)
卓に入って手持ちの$3000をチップに替え、飲み物聞かれたりおしぼりもらったりします。
卓は全自動卓(山だけ)サイコロを振り、日本式と同じように開門してスタート(ドラはなし)
牌の大きさですが、一般的に手積みで売られているサイズの丁度倍くらいです。ずっしりと重い。
発声どうしようか戸惑っていたので最初のうちは「和(フー)」と発音してたんですが、無発声でも問題ないようです。途中からは「ツモ」と「ロン」って言ってました。
また河がみんなのものなので、今切ったがなんなのかわからなくなります。しっかりと見る必要があります。この麻雀で鳴き漏らしはA級のミスです。
役が無いので、ポン材の確保に念頭を入れ、良形のテンパイを目指すのがポイント。正直卓のレベルはそれほどでありません。
ただ劣っていると感じたのはション牌への意識。終盤まで放たれない字牌、序盤ポンされた牌の外側。ダイミンカンは振り込みよりも支払いが多いです。浮牌は1枚切れのものを優先にし、変な牌は残さないように心がけて打ちました。
ツモはロンの3倍なので最序盤での超良型テンパイ(3面〜5面張)は見逃しをしましたが、2回とも他家の上がりになってしまいました。東天紅では鉄で見逃しでも4人でツモりあうので、あまりやらない方がいいかも。

23時から5時まで打ち続け、結果は$13000(日本円で20万ほど)勝ち。ミスもありましたが、気持ちよく帰ることができました。

終始スタッフに「Lucky boy!!」と言われたので、「Yes!!!」と笑顔で答えてたらすごくスタッフさんと仲良くなりました。(スタッフに「日本のTOKIOが好き!」と言われたので、「山g....Oh、I like 国分!!!」っていい直しました。

麻雀打ちの皆さん、マカオに行きましょう。絶対勝てますし、ピン東でも味わえない興奮が味わえると思います。



PS.勝った金で香港のピンポンマンション。おススメです。

このタイミングだからこそ、2年前に僕が編集したJapEn11thの編集後記を書きます。
記憶が若干曖昧ですが、覚えている限り書きます

◼︎コンセプト
2015年の集大成
新しい世界への旅立ち
僕の大好きなCVにする

◼︎曲
Taskさん本当にありがとうございました。
本当は最初4:30位の曲を無理言って今の長さまで縮めてもらいました。本当に申し訳なかった。

でも最高の曲でした。もうこれ以上ない僕のツボ。
すごい細かい指定も聞いてくれました(細かくイメージを伝えてもらった方が、嬉しいと仰ってくれたので)

「〜そしてその次に、これから新しい世界に向けて旅に出るけど、扉を開けたところで忘れ物に気づいて取りに戻る感じで、その次に〜」

というふうに曲の進行と僕が勝手に頭に思い描いたストーリーをうまく拾ってくれてできた楽曲でした。
ポケットマネーをはたいた甲斐があったというものです。
(ちなみに上記の例はだれの部分でしょう?)

本当に、本当にありがとうございました。
今でもTaskさんの楽曲大好きで聴いています。

◼︎編集
本編と脳内イメージ rook
OPとEDの編集とアドバイス frikyu
動画の管理やその他宣伝など ponkotu
彼の家に泊まり込んでなんとか脳内イメージを100均のホワイトボードに書いて伝えてました。今となっては懐かしい思い出。

◼︎OP
新しい世界に旅立つ前、行き先を定めるべく、標識に目を遣ります。
目線の先には謎の球体、曲の紹介とともにとともにkabuさんのオープニングアクトです。
Editorsがあっての僕のJapEn11thでしたから、足跡です。 今年の足跡であり、今まで10年間の足跡です。10を示すXの演出、そこに新しい 1、Iを加えて、今年のJapEnスタートです。

◼︎フォントと文字出し
標識っぽいフォントで、今まで使われてないような新しいフリーのフォントを。
高級感を出すのは僕の編集では難しいので、細身で小洒落たフォントは似合わないと思いました。僕は満足です。
文字出しも難しいことはできませんが、あくまでも自分らしく。テーマは1筆です。OPの1、Iの演出に合わせています。曲に合わせてニョキニョキ動かすの楽しかったです。いてざさんふかわさんの和風一筆とめのわさんの世界一アピールがお気に入り。

◼︎ED
お気づきかもしれませんが、SoYのノミネート作品を並べています OPとのつながりもいろいろ考えてこんな感じにしました。2015年をぶち抜いて次に「繋げた」訳です。


◼︎動画
出してくれた人本当にありがとうございました。また、締め切り後にも関わらず急遽お願いを聴いてくれた皆さん本当にありがとう。あなた方のおかげで作品として仕上げることができました。

僕の人望のなさや、様々な理由から(この年からはもう次の世代に託したいので、招待を辞退しますという方が多数いました。)その結果締め切りの時点で想定よりもおよそ50-60パーセントほど少ない動画しか集まらず、結果曲を急遽短くしてもらったり、動画の追加募集をかけたりしました。
また、繰り返しにはなりますが、いてざさん、清水さんの動画差し替えに関しては本当に申し訳ありませんでした。初見の印象を大切にしている僕として本当に申し訳ありませんでした。ミスが起こった原因は昔説明しましたので割愛しますが、本当にごめんなさい。
本人たちには直接会って謝罪しました。あの時はメンタルボロボロで本当にごめんなさい。皆さんを批判から守れるほど、「俺はこの作品に命かけたんだ!!!批判する奴は動画出してから文句言え!!!カスが!!!でもペン回し上手いね!!!!!流石です!!!!!」なんて気丈な態度は取れなかった。僕の唯一の後悔です。




◼︎作品についてまとめ
与えられた状況下で最高の作品ができたと自負しています。なにより、僕の好みドストライクなので今でも僕はこの作品が好きです。
なかなか大変な中で本当に難産な作品でしたが、最後までやり切れたの周りの支えのおかげでした。特にponkotuさんやfrikyu。本当にありがとうございました。
そしてJapEn12thを見たとき、繋がってよかった、って切実に思いました。特にTMの方は11th公開後JapEnについての今後を話し合ったメンバーが含まれていたので、その思いはさらに強かったです。あの作品は僕の中で僕の価値付けをしてくれました。感謝。


さて、クリスマスですね。
一視聴者として本当に楽しみにしています。
特に製作委員会の皆様、本当にお疲れさまでした。最後までやり抜いてくれて本当にありがとうございます。皆さんのおかげでまた、ペン回し最高っていうスピナーが居続けてくれます。


メリークリスマス、良い聖夜をお過ごしください。







P.S.近況報告です。無事教員として働いています。「幼女のおしっこ飲みたい」とか呟いてた僕ですが、まさか本当に児童と戯れる仕事につけるとは思いませんでした。Yes ロリータ No タッチの紳士の精神で頑張っています。
教員の立場になってわかりましたが、本当にペン回しを授業中にされると困りますね。カランという音は邪魔だし、視線がペンに向いている場合も多く、全く指示聞いてくれないし。教壇に立って初めてわかることも多いです。
100パーセントノールックで落とさない技なら授業中でもいいんですけどねえ。誰か同じこと言ってた気がする。

まあそんなペン回しからも少し離れてしまってはいますが、ペン回しは好きです。今も自宅でボチボチ回してます。

お久しぶりです。rookです

JapEn12th見ました
どちらも掛け値無しにすごく良かったと思いました
製作に携わった皆様及び出演者の皆様、本当にお疲れ様でした
感想を詳しくは書くことができないのですが、自分個人の感想としては

「繋がって良かった」
「報われて良かった」

でした

ツイッターで皆様の声ももう聞けなくなってしまいましたが、CVを通して皆様の喜んでいる姿を見た気がしました。

改めて、本当にお疲れ様でした。

メリークリスマス、良いお年をお過ごしください。






ここからは近況報告なりなんなりですが

活動やめたりツイッターやめたりしたのは大学生活が非常に忙しかったことや体調を崩してしまったことが原因でした。

現在少し落ち着きまして、ブログを書いている今に至ります。

来年度から教員としての勤務が決まりましていよいよ本当に子どもに囲まれて生活する日々がスタートしそうです。

その分気軽には出かけられない場所に住むことになってしまいそうですけれどね。

..
少しネットから離れて生活することで自分を色々見つめ直すことができました。いやいや、振り返ると良い生活をすることができていたと思います。
そのおかげかサークルに復帰できたり、昨年落ち込んでしまった分の学業に対しても大分取り戻すことができました。 昨年度後期GPAは大谷の防御率より上ですからね いやいや。

あと体重ががっつり落ちました。体重当社比20パーセントオフです。今考えると昔とんでもねえ生活してましたねえ。手が最も痩せにくいらしいのでとりあえず手痩せまでは頑張りたいと思います。

ペン回し界には復帰するつもりはないのですが、ペン回しを通して知り合えた友人は大切にしていきたいと思います

さて、卒論の〆切は私は1月31日です
同回生の方々踏ん張りましょう

では。





続きを読む

このページのトップヘ