ねたがない!

あはんはん

ろおくです
HN:rook
age:poyo
sex:ソープ
live:HOKAIDO
skype:rook1260
twitter:rook_ps





携わった皆さん、本当にお疲れ様でした!
動画提出してくれたみなさん、他の編集者の方々、そしてAokiさんとその他運営の方々、本当に感謝です。

結果について、は、また後ほど。
まず簡単に編集後記を。

ニコニコで発掘していてずっと温めていた楽曲。ドラマチックな展開はわたしの編集には欠かせない一要素と考えていて、この楽曲をお借りしました。本当にTask様ありがとうございます。

テーマ/OPとED
曲からイメージを発展させて、足跡とパズルを。
自分らしい個性ある編集を目指しました。
OPもEDもまあある感じ。
足跡がEditors'15のアポストロフィになる演出はもっとかっこ良く活かせなかったかなあ。

本編
最も注力すべきで、そうした部分はここでした。
動画かぶりとか考えずにただ自身の思う100%をつぎ込み並べました。パンの仕方や、動画のエフェクトなども曲の雰囲気に合わせていろいろ細かく工夫したつもりではいます
唯一の反省は最大のサビで画面小さくなる演出、これがどうみなさんにみえていたのかなあ。ダサかったのかなあ。それがわからないのがセンスないのかな。

文字だし
今作の最大のこだわりにして最大の失敗点だったか。
タイポグラフィの基本的な理念として「あるまとまりにおいて、フォントを混合してはいけない」というのがある。
しかし、あえてそこに挑戦した。丁度新聞見出しの切り抜き、犯人の犯行予告文のように。
タイトル、「Editors'15」の並べ方は私見では悪くないと思っている
でも個人個人の文字だしになるとやっぱり微妙なのは微妙なのかな、と反省。
細いフォント、小さめの文字による文字だしは、動画自体を邪魔しないという意味で真理に近いものがあると思っているけれど、そこに甘えたくなかった。そんなへんな意固地が悪い結果に結びついてしまったのかもしれない。
意見が欲しいです
あと、くしょにすとさんのコテ勘違い、と、一部アス比の変更忘れで変にパズルが切れてる部分が。
もうダメだ

総合的に見て
動画の並べ方にだけしか自信がなく、他にはどうやら自信がなかった状態で提出したらしい、大変に失礼な話です。
時間がないは理由になりません。
僕に必要なのは客観的評価だと感じた。そういう意味では本当に勉強になりました。ありがとうございます

結果
結果は3位/6位、かつ12位には50ポイント近く離されていました。
1編集者として、大変に恥ずかしく、申し訳ない気持ちでいっぱいです。
僕の変なこだわりとか個性とか、そういうのが作品に生きつつ、かつ、いろんな人に愛される作品が作りたい。


だから、絶対に見返してやります。絶対に

そういえばバタバタしてわすれてたので続きかくよ

朝チュン。

かなりお酒飲んだけど、二日酔いにはなってない。若さは良い。
「トイレットペーパー切れたからウンコするならセブンでして」
ということだったので、セブンでひり出した。

酒を買って帰宅、朝から酒。
日常ではできないこういう非日常感を楽しんでた。

今日の予定は爪ことCrow氏と、オナクラの闇のにこどんどん氏に会い、ひばり二郎にいくこと、そして夜はまた舞い戻ってローチャれ2ndをすることだった。

爪さんが夕方にはいなくなるということで夕方の予定がぽっかり。
土曜日だったので、 リアルでダーツしようぜ、って前々からいってたBSさんにダーツしに行こwと誘いました。
りおりーぶさんとも行きたかったけど丁度帰省してしまっていたようで残念、。


昼頃に爪ドンとまちあわせだったので二度寝しかけつつ、将棋電王戦の永田さんの角不成に震えつつ、酒飲みつつ、でゴロゴロしてた

北海道からの荷物ほっぽりだして「いってきます」した



りくたそずっと一緒にいたけど、きょうはバイトらしいので途中でお別れし、束の間な電車旅。ねもい



ひばりヶ丘とかいうなんか平和そうでたぶん二度と来ないだろう駅に着いた

改札出ると、めっちゃでかいのと、小動物メガネがいた。

爪氏とオナクラ氏であった。

爪さんは「階段さんとろおくさんの間くらい」っていわれて、すぐわかった
ドンドンさんに「君かー〜ーーーwww」って言ったらよろこぶときいたので「君か〜〜〜↗︎↗︎」した。

あつい握手を交わしてからひばりヶ丘二郎へ。

なんか下町というか、北海道民にしかわからないだろうけど、栄町みたいな栄え方してた。駅があるから少し施設ありますよ的な。
まったり大学について話したりしつつ、あの麺の茹でる独特のにおいの中心地へ。

うわあめっちゃこんでる。
外待ち15-6にんくらいはいたかなあ。
並んでる中に「面接の鉄則」みたいな本読んでるひといて、そういえば春なのだなあとしみじみ感じてた

30分くらいならんでやっと店内へ。「普通」と「小」どっちがひばりヶ丘ではどっちがおおいのかわからず困ったけど、なんとかなった。おみくじの小吉と吉の違いみたいなアレ。

ヤサイアブラマシカラメニンニクコール。
太い麺もみえる。

朝からなにも食べてないわたしはそれに食らいついたのです。

・・・

・・・

世界が静止した

美味い。本当に美味しい。

本当に      おいしい。

比較的小ぶりな器にこれでどうだとばかりにぎゅっと詰め込まれた長い麺に短い短冊形の麺のアクセント。

乳化、でも決してくどすぎはしないスープとよく絡み、胃袋へと吸い込まれていく。

鼻に抜ける心地よいニンニク臭。

本当に、おいしい。感動。
汁までいったの初めてです。本当に生きててよかった。

丼を上げるとき、店主に「ごちそうさまでした」じゃなくて「ありがとうございました」っていいつつ、天使な顔で目を見つめ続けてしまった。ただのキモい人。

退店して、まだ爪さんの約束の時間まで少々あったのでカラオケにいくことに。
向かうまでの間「はー、美味かった」ってたぶん810回くらいいった気がする。マジで。

カラオケマックとかいう北海道に上陸してないクソっぽい店に入った
料金設定もクソだったけど、トイレ綺麗だったし許した。

スピナーオフ特有の「誰も歌わずにひたすらペン回す」やつ。

備長炭はじめて回したけどすごくなんかしっくりきた。
爪のネオサパクパク講座。

なんやかんやで時間も過ぎて、駅に戻り、爪さんとお別れ。売買
(このときはもうしばらくまた会えないと思ってた)

とりあえずここまで。






井の頭公園での戦、通称「赤壁の戦い」を終え、みんなで近くの焼き鳥屋さんで一杯キメることに。

店員が無愛想で、お酒も高かったけど、焼き鳥とか、他の食べ物が安くて、たくさん食べれた。

なにより

いやもう言葉はいりません。

「最高かよ」

この一言で十分だったのです。

最高かよ、最高かよ、とみんな叫び続けていました。

最高かよ。



時間はあっと言う間に過ぎるもので、この後行く予定だったLotus家に行くと言っていた時間に。

しかし、Lotus氏が寛大な心でロータスチャレンジ時刻を遅らせてくれたので、金欠なarusato(りくたそ)と合流し、新宿で少しオフを続けることになった。

新宿へ向かう途中、立ちながら寝るレビ君は弱かった。

新宿の週末の混雑っぷりに驚きながらも、なんとかりくたそと合流。

前みた時より痩せまくっていて誰かと思った久しぶり。

りくたそと初対面のスピナーがりくたそをみて

「これはたそだわ」
「たそだわ」
「木」

と口を揃えていたのが印象的。やや、結構わかるけど。

新宿二郎をキメるつもりだったらしいのだけど、お腹に余裕がないしね、と言うことでゲーセンへ。カラオケ高かったし、なんか寝そうだったから反対した。

ゲーセンでは、かしすが闇に飲まれてた。
他にも闇に飲まれまくってた。

ろおくみやなは飲まれてなかった。

がんまは煽ってたけど、UFOキャッチャースキル高かった。

林さんがしぶりんとって歓木してた。

いい時間になったので、新宿二郎へ。

あまり美味しくはないと聞いたけど、東京初二郎だし、夜遅くやってるアドは大きいよね。

少し並んで、着席。

大ヤサイアブラマシニンニクカラメいただきました〜✌︎

普通にぺろりだった。
量はやっぱ少なめだね。

目当ての二郎も食えたので、Lotus家へ。
お待たせしてしまってるから、お土産に酒屋で外国のビールとかいろいろ買った。


"お祝い"にビールおごってあげました。

駅に向かう道中、リクたそが

「ろおくさんが性病と成人病、どっち先にかかるか賭けしようぜwwww」って言ってたので圧殺した。

そうそう、この時点で一大イベントをやり残していたんだった。


弱い。



んで、お別れの時間に。

がんまかしすとは翌翌々日会う予定があったから、またね

はやしれびみやなとはここでお別れ。
本当にありがとう。最高に楽しかったです。最高かよ。
また会いましょう。

りくたそと共にロータスチャレンジ。

途中で三人では消費できるとは思えないほどのアルコール買った。つまみも。(結局足りなくなったのだけど)

ロータス家到着。はじめまして。
顔は通話とかでみてたからあれだけど本当に会いたかった人と会えるのは嬉しいものです。

遅れたお詫びの献上品も納め、乾杯。

あぁ^〜〜〜✌︎

ツイッターで行われていた
「ろおくさんとお酒飲もw」
が実現したわけです。最高ですね。

ロータスさんとも会えたしもう最高です。
初日にして最高潮です。

最高と言う言葉をあえて使うならば、最高です。

酒も回り、ペンスピしながらエロゲトークだの性癖トークだのいろいろした

酒も食べものもなくなったので途中でスーパーへりくたそと買い出しに行って、たこ焼きの材料買った。

自分的にはまだ正常だったんだけど(りくたそはすでにモードに入ってた)、冷静に考えるとこの時間からたこ焼きをしようと思いつく時点でわたしも酔いが回ってたのかもしれない。

ソースを買い忘れたので、蓮シェフがダシを作ってくれて、明石焼に。

んんwwww

美味しかった。

でも途中で眠たくなってりくたそと仲良く寝た。蓮ちゃんは起きてPCしてた。

強いね。

って感じで朝チュンしました。




つづく。




このページのトップヘ